第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」の総合開会式が1日、岩手県北上市の北上総合運動公園北上陸上競技場で行われた。各都道府県の入場行進に続き、大会長の張富士夫・日本体育協会会長が「大会が東日本大震災からの復興のシンボルとなり、全国の皆さんに夢と希望を与え、明るい未来への懸け橋となることを願う」とあいさつ。選手を代表して、ともに岩手県選手団主将を務めるリオデジャネイロ五輪陸上男子競歩代表の高橋英輝(富士通)と北京五輪女子ホッケー代表の小沢みさき(東北銀行)が「岩手からスポーツの魅力を伝え、勇気と感動と元気を届けるため、最後まで力いっぱい競技する」と宣誓した。

 競技は同日、重量挙...    
<記事全文を読む>