第71回国民体育大会(岩手国体)は1日、岩手県で開幕した。初日は天皇、皇后両陛下をお招きし、北上市の北上総合運動公園北上陸上競技場で総合開会式が行われた。県勢の「チーム大分」は32競技に総勢447人(先行開催の水泳、本部役員含む)で臨み、天皇杯10位台の奪還を目指す。また重量挙げが一足先に奥州市で始まり、成年男子56キロ級の砂山昂大(中央大2年)がスナッチで6位、ジャークで7位に入り、主日程での県勢入賞第1号になった。

 総合開会式では地元住民らによるオープニングイベント、式典前演技が披露された後、都道府県の選手団が入場した。県勢は4番目に登場し、旗手の上野優斗(フェンシング少年男子・翔...    
<記事全文を読む>