二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックの事前キャンプ地誘致に向け、坂東市、潮来市、境町の二市一町が三十日、連携協定を結んだ。宿泊施設や競技場などを相互に活用し、誘致活動を効果的に進めるのが狙い。今後、周辺の他の自治体にも協力を呼び掛ける。

 東京五輪・パラリンピックでは、坂東市はリトアニア、境町はアルゼンチンの事前キャンプ地誘致を目指し、国が国際交流などを推進するため掲げたホストタウン構想に登録されている。潮来市は、現在、アジアの国を対象に、ホストタウン構想の申請を検討しているという。

 二市一町は一部区間で整備が進む圏央道などを通じて、車での移動に利便性がある。また、潮来市はボート競技の国...    
<記事全文を読む>