10月7日に東京都内で開催されるリオデジャネイロ五輪・パラリンピックのメダリスト合同パレードの主催者は30日、現時点で計88人がパレードに参加する予定だと発表した。

 五輪は58人のうち51人、パラリンピックは38人のうち37人が参加予定。競泳の金藤理絵(Jaked)や瀬戸大也(JSS毛呂山)、テニスの錦織圭(日清食品)、陸上の山県亮太(セイコーホールディングス)、車いすテニスの国枝慎吾(ユニクロ)らは遠征などのため欠席する。

 パレードは午前11時にスタートする予定。一般客向けの観覧エリアは銀座8丁目交差点から日本橋室町の三井不動産本社前(ともに中央区)まで中央通り沿いの約2.5キロにな...    
<記事全文を読む>