第38回日本シニアゴルフ選手権最終日は28日、愛知県の春日井カントリークラブ(6770ヤード、パー72)で最終ラウンドがあった。

 前日2位に浮上した県勢の榎隆則(大分中央)は76で回り、通算9オーバーの225で初優勝した。

 ▽県勢の最終結果 (1)榎隆則(大分中央)225(77、72、76)(22)板井良春(富士見)237(80、79、78)(29)土谷雅博(大分竹中)238(76、85、77)(58)佐々木茂(別府)244(78、85、81)(65)佐藤憲一(大分)246(79、84、83)第2R以降安定感増す 県勢の榎隆則(57)=大分中央=が最終日に逆転し、3回目の出場で初の栄冠...    
<記事全文を読む>