アマチュアゴルフの第34回全国都道府県対抗選手権大会最終日は27日、岐阜県関市の岐阜関カントリー倶楽部(7270ヤード、パー72)で最終ラウンドを行った。3人の合計で争う団体戦で本県は通算470で2年連続の6位に入った。本県が2年連続で入賞するのは初めて。優勝は岐阜Aで、岐阜県勢の優勝は10年ぶり2度目。県勢の個人戦は初日17位タイだった舘英樹(水戸)がスコアを落とし、トータル12オーバー156で21位タイだった。34位タイでスタートした熊谷淳(同)と、前日50位タイの木名瀬和重(同)はともにトータル13オーバー157で36位タイだった。【主催】全国新聞社事業協議会【主管】岐阜新聞社【後...    
<記事全文を読む>