ゴルフの第34回全国都道府県対抗アマチュア選手権最終日は27日、岐阜県関市の岐阜関CC(7270ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、3人の合計スコアで競う団体で本県はトータル463の3位に入った。入賞(6位以上)は過去最高の2位だった第30回大会以来4年ぶり5度目。

 個人は松尾真吾(オーシャンパレス)がトータル4オーバーの148で3位と健闘。山下大介(長崎)は155で16位タイ、扇慶太朗(オーシャンパレス)は160で57位タイだった。

 団体は地元の岐阜Aが452で10年ぶり2度目の優勝。愛媛が457で2位に食い込んだ。個人は最終日を69で回った小川貴大(愛媛)がトータル2アンダー...    
<記事全文を読む>