第34回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権(埼玉新聞社など全国新聞社事業協議会主催)は26日、関市の岐阜関CC(7270ヤード、パー72)に47都道府県の48チームが参加して最終ラウンドが行われ、3人の合計スコアで争う団体は地元の岐阜Aが452で優勝を果たした。個人は小川貴大(愛媛)が2日間トータル142(73、69)で制した。

 首位と10打差の16位タイでスタートした埼玉は難しい位置に切られたピンの位置に苦しみ、トータル485の21位。個人では田中俊行が通算161で65位タイ、主将の関沢誠と斉藤友直は通算162で76位タイだった。

 第35回大会は宮崎市のUMKカントリークラブで来...    
<記事全文を読む>