第34回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権(大分合同新聞社など全国新聞社事業協議会主催)最終日は27日、岐阜県の岐阜関カントリー倶楽部(7270ヤード、パー72)で第2ラウンドがあった。3人の合計スコアで争う団体は岐阜Aが452、個人は小川貴大(愛媛)が142で優勝した。

 県勢は団体が472で10位タイとなった。個人は渡辺卓(33)=大分CC=が156(75、81=39、42)で21位タイ、平川勝也主将(54)=臼杵CC=は158(78、80=38、42)、加藤重成(44)=大分中央GC=が158(75、83=42、41)で41位タイだった。入賞圏内に2打及ばず 県勢は団体で千葉と...    
<記事全文を読む>