ゴルフの第34回全国都道府県対抗アマチュア選手権(全国新聞社事業協議会主催、あいおいニッセイ同和損害保険協賛)は26日、岐阜県関市の岐阜関CC(7270ヤード、パー72)で第1ラウンドが行われた。48チームが出場し、3人の合計スコア争う団体戦で徳島(植本健介、明石光由、元木武志)は257とスコアが伸びず、46位発進となった。

 地元の岐阜Aが227で首位に立った。1打差の2位に島根と大分。さらに3打差の4位には長崎がつけた。

 個人戦は7オーバーの79でチームトップだった植本が50位タイ。明石、元木はともに89で135位タイと振るわなかった。

 ただ1人のアンダーパーとなる70をマークした鎌...    
<記事全文を読む>