「第34回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権」(全国新聞社事業協議会主催、岐阜新聞社主管)の開幕を前日に控えた25日、会場の岐阜関カントリー倶楽部東コース(7270ヤード、パー72)で練習ラウンドが行われた。選手らは、あいにくの雨の中、難コース攻略に向け、綿密な練習を繰り返した。

 岐阜Bチームは、午前7時すぎ、アウトからラウンド。ハーフ折り返しごろに雨が本降りとなったものの、難度の高いグリーン周りをしっかり確認するなどし、本番に備えた。主将の近岡次男は、大会2日間ともに晴天の下で行われる可能性が高いことに触れ「雨では、(ショットの)ランもなかなか出ないので、今日のラウンドはあまり参...    
<記事全文を読む>