障害者福祉に理解を深めるチャリティー大会「寛仁親王記念杯第18回北陸ウェルフェアゴルフトーナメント」が13日、小矢部市のゴルフ倶楽部ゴールドウインで開かれ、北陸を中心に120人が参加した。三笠宮寛仁さまの次女の瑶子さまが視察し、表彰式では総合優勝の山下重雄さん(砺波市)に寛仁親王記念杯を贈られた。ゴールドウインや県内企業などでつくる実行委員会主催、北日本放送、北日本新聞社特別後援。

  障害者福祉活動の推進とルールやマナーに精通したゴルファーの育成を目的に始まり、2012年6月に逝去されるまで寛仁さまが大会顧問を務められた。大会の純益金は北陸の福祉関係団体や施設などに贈っている。

 18ホ...    
<記事全文を読む>