ゴルフの日本女子オープン選手権で、笠間市出身の畑岡奈紗選手(17)=ルネサンス高3年=がアマチュアとして初めて頂点に立つ快挙から一夜明けた3日、同市内の畑岡選手の自宅には祝福の電報や花などが届き、畑岡さんと両親のスマートフォン(スマホ)にはお祝いメッセージが相次いで寄せられた。市は優勝をたたえる垂れ幕を準備中で、地元の同市岩間地区などに設置し、市民で喜びを分かち合いたい考えだ。 「まだ実感が湧かず本当に夢のよう」 大会最年少優勝記録も塗り替える初優勝について、畑岡選手は自宅で、穏やかに語った。 来週は米国プロ大会のシード権を得るための試合に出場予定。激闘を終え、この日はつかの間...    
<記事全文を読む>