◇日本女子オープン選手権最終日(2日・栃木県烏山城CC=6506ヤード、パー71) 首位と4打差の5位から出た17歳の畑岡奈紗(茨城・ルネサンス高)が5バーディー、2ボギーの68で回って通算4アンダーの280に伸ばし、逆転優勝した。アマチュアとして初めて女子ゴルファー日本一となった。国内四大大会をアマ選手が制するのも初。20歳だった史上最年少優勝記録を大幅に更新した。

  アマが賞金を受け取れないため、1打差の2位となった20歳の堀琴音が優勝賞金2800万円を獲得した。さらに1打差で申(シン)ジエ(韓国)が3位。昨年優勝の田仁智(チョン・インジ=韓国)は下川めぐみと並び4位に入った。

 鈴...    
<記事全文を読む>