女子ゴルファーの日本一を決める日本女子オープンゴルフ選手権が行われている那須烏山市の烏山城CC。大会も終盤にさしかかった大会第3日の1日は、大勢の観客でにぎわった。

 曇り空の中、トッププロが一打にしのぎを削った。ギャラリーは一打に一喜一憂した。最終18番、最年少優勝を目指す首位のアマチュア長野未祈(ながのみのり)がバーディーパットを沈めると、大きな歓声と拍手に包まれた。長野選手は「すごい拍手でとてもうれしかった」と声援への感謝を口にした。

 この日は、今大会最多の6185人のギャラリーが詰めかけた。よく日本ツアーを観戦するという宇都宮市御幸本町、会社員大塚宏(おおつかひろし)さん(58)...    
<記事全文を読む>