全日本大学女子駅伝は30日、仙台市陸上競技場から仙台市役所前市民広場までの6区間、38キロで行われ、松山大が2時間3分56秒で初優勝した。史上初の6連覇を目指した立命大は2時間5分7秒で2位、名城大が3位だった。

 松山大は14位でたすきを受け取った2区の緒方美咲(小松島西高出)が17分56秒で走り、区間賞を獲得。順位を3位まで押し上げて優勝に貢献した。

...    
<記事全文を読む>