大分国際車いすマラソンは30日、大分市内で行われ、沖縄から出場したフルマラソン女子T34/53/54クラスの喜納翼が1時間44分56秒で初優勝、県勢としても初の栄冠をつかんだ。今夏のリオデジャネイロ・パラリンピック日本代表に選ばれた、上与那原寛和は同男子T33/52クラスに出場し、2時間0分33秒で4位に入賞した。男子T34/53/54クラスでは、同パラリンピックで12位だった50歳の山本浩之(Team Heart Space)が1時間26分2秒で初制覇した。

 ◆残り7キロ、仕掛け的中 昨年はハーフの部で3位に入賞した実力者の喜納翼だが、フルマラソンは初の挑戦だった。長丁場のレースに備...    
<記事全文を読む>