11月6日に下関市で開かれる「下関海響マラソン2016」(実行委員会主催、山口新聞社など共催)は、「記録より、記憶に残る、海響のドラマ」をテーマに、ランナー一人一人をサポートするため”日本一の市民マラソン大会“を目指して、快適なサービスの提供、前日と当日のイベント強化などを図る。ランナーを待つ家族やグループなどに利用してもらおうと、同市細江町の市生涯学習プラザ地下駐車場を更衣・待機場所「ユーティリティースペース」として開放。条件を満たしたランナーが優先的に最前列からスタートできる「Sブロック」の男性ランナーに昨年用意した専用更衣室を、今年はSブロック女性ランナーらにも用意する。スタート直...    
<記事全文を読む>