岡山市を舞台に11月13日に開かれる「おかやまマラソン2016」でランナーたちに気持ちよく走ってもらおうと、同市内の12中学校と岡山中央署などは30日、市中心部の街頭で落書きを消去する清掃ボランティアに汗を流した。

 ボランティアは操南中生徒会が呼びかけ、昨年に続いて実施。有志の生徒や教諭、署員、岡山市職員ら計約90人が、同市北区内山下や同丸の内の店舗の壁面など7カ所で実施した。

 参加者は、無断でアルファベットなどが書かれた壁や塀を前に作業手順を確認。スポンジローラーを丁寧な手つきで上下左右に走らせ、ペンキで落書きを塗りつぶしていった。

...    
<記事全文を読む>