東日本実業団対抗駅伝競走大会(11月3日・埼玉県)に出場するエヌ・デーソフトウェア陸上部「NDソフトアスリートクラブ」の壮行式が26日、南陽市の本社で行われ、選手たちが全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)出場権獲得への決意を披露した。

 昨年、東日本駅伝に創部1年目で出場した同クラブ。レース最終盤まで粘りの走りを見せたが、ニューイヤー駅伝出場枠獲得の15位に3秒届かず16位に終わった。今年は新たに3選手が加わり、監督、コーチを含め15人で初のニューイヤー駅伝出場を目指す。

 壮行式で佐藤広志社長は「昨年の悔しさ、挫折を味わい、必死に練習してきたことは必ず報われる。最後は勝ちたい...    
<記事全文を読む>