岩手県で今月開催された国民体育大会の走り幅跳びで、中学新記録で優勝した南足柄市立足柄台中学三年の藤山有希さん(15)が二十六日、市役所に加藤修平市長を表敬訪問した。元五輪選手で「イケクミ」の愛称で知られる井村(旧姓池田)久美子さんの記録を二十一年ぶりに塗り替える快挙に、加藤市長は「本当に素晴らしい」とたたえた。藤山さんは「(二〇二〇年の)東京五輪に出たい」と抱負を述べた。

 中学三年と高校一年生が参加する少年女子Bに出場。高校総体優勝者を含む強豪が並ぶ中、一九九五年の井村さんの中学記録(六メートル十九センチ)を上回る六メートル二十センチを跳び、優勝した。

 藤山さんは一六三センチ、四三キロ...    
<記事全文を読む>