2017年2月19日の「高知龍馬マラソン2017」に、高知県陸上長距離界のヒーローが帰ってくる。2005年の世界陸上1万メートルに出場、都道府県対抗男子駅伝でも大活躍した大森輝和さん(37)=高松市=だ。3時間を切りたい選手のスピードの目安となる「ペースランナー」として、土佐路に再び靴音を響かせる。

 大森さんは香川県出身。1999年、陸上部創部3年目の高知市の「くろしお通信」に入社した。現在愛知県の「トーエネック」陸上部を率いる松浦忠明監督の指導で力を伸ばし、2005年世界陸上出場。都道府県駅伝では出場の度に驚異のごぼう抜きを披露し、高知県の順位を押し上げた。

 2006年にくろしお通信...    
<記事全文を読む>