11月13日に磐田市内で開かれる「第19回ジュビロ磐田メモリアルマラソン」(同市体育協会主催、静岡新聞社・静岡放送など共催)の大会前最後の実行委員会が24日、同市役所で開かれた。大会役員やボランティアら約110人が出席した。

 今大会はハーフマラソンなど5部門に1万989人がエントリーし、約3500人がボランティアスタッフとして参加する。実行委員長の河島直明市体育協会会長は「参加者が気持ち良く走れるように、全員で協力して万全の体制で臨もう」とあいさつした。

 会合では事務局が準備の進み具合を説明し、救護、広報などの委員会が当日までの動きを確認した。

...    
<記事全文を読む>