来年の世界陸上競技選手権大会(ロンドン)代表選手競技会を兼ねた全日本50キロ競歩高畠大会が23日、高畠町内の2キロを周回する高畠まほろば競歩コースで行われ、小林快(ビックカメラ)が3時間42分8秒で初優勝した。日本陸連が定める派遣設定記録(3時間44分38秒)を突破し、代表入りを決めた。

 北京世界選手権代表で日本記録保持者の山崎勇喜(自衛隊)ら38人がエントリーした。50キロ初挑戦の小林は、序盤から先頭に立ってレースを引っ張り、中盤以降は独走。派遣設定記録を大幅に上回る好記録で勝利し、ロンドン代表第一号となった。このほか、20、10、5、3キロの計7種目の高畠競歩も同時に行われた。各種...    
<記事全文を読む>