リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルに輝いた御前崎市出身の飯塚翔太選手(25)=ミズノ=の凱旋(がいせん)祝賀パレードが23日、同市内で行われた。沿道には、1万1千人(市発表)の市民やファンが詰め掛け祝福した。

 飯塚選手はオープンカーに乗車し、メダルを首に掲げて登場。母校の浜岡中前から市役所まで約700メートルで、声援に手を振って応えた。出身校の市立第一小の児童が横断幕を手に、同中吹奏楽部が華やかな演奏で飯塚選手と共に行進し祝賀ムードを盛り上げた。

 市役所で式典が開かれ、柳沢重夫市長が同市第1号の市民栄誉賞を授与。同市出身でリオ・パラリンピック男子マラソン銅メダリ...    
<記事全文を読む>