岡山市街地などを舞台にした「おかやまマラソン2016」(11月13日)の開催ムードを盛り上げるため、大会実行委員会は22日、PRフラッグ122枚を市中心部のコース沿いに掲げた。

 フルマラソン、ファンラン(4・5キロ)両部門のコースに含まれている桃太郎大通りと市役所筋の計約2キロの64カ所で、受託業者が午前9時すぎから街灯に取り付けた。

 フラッグは「晴れの国」をイメージした薄いブルーを基調に、大会名と開催日を大書している。大きさは桃太郎大通りが縦1・5メートル、横0・6メートル、市役所筋が縦1・2メートル、横0・5メートル。

 大会は岡山県や岡山市、岡山陸上競技協会などでつくる実行委主催。...    
<記事全文を読む>