島根県安来市の中海沿岸で11月6日にある「第12回なかうみマラソン全国大会」(安来市、同大会実行委員会主催、山陰中央新報社共催)の実行委員会が21日、同市安来町の安来中央交流センターであり、参加申し込み結果が報告された。北海道から沖縄県までの31都道府県から計5260人がエントリーし、男女別、年代別のハーフマラソンには計1575人が出場する。

 大会は同市安来町の和鋼博物館を発着点にハーフマラソンや10キロ、非計測のファミリーマラソン(2キロ)などを行う。最高齢は安来市の93歳の男性で、ウオーキングの部に出場する。安来市が姉妹都市縁組する韓国・密陽(ミリアン)市からも13人が参加する。

 ...    
<記事全文を読む>