◆飯塚選手らリレーで使用 リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した日本チームが決勝レースで使ったバトンが22、23の両日、陸上の日本ジュニア・ユース選手権(中日新聞社共催)の会場、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで展示される。

 長さ約30センチで緑色のバトンには、表面に細かな傷やへこみが見て取れる。台座には山県亮太(セイコーホールディングス)飯塚翔太(ミズノ、御前崎市出身)桐生祥秀(東洋大)ケンブリッジ飛鳥(ドーム)の4選手のサインを印刷した。

 触れることはできないが、写真撮影は可能。展示は両日とも午前9時~午後5時で、大会は展示も含め入場無料。4選手は全員、同...    
<記事全文を読む>