群馬県太田、桐生両市の八王子丘陵を走る「上州八王子丘陵ファントレイル in OTA」(太田青年会議所主催、太田市、上毛新聞社共催)は16日、太田市北部運動公園を発着点に行われ、距離や累積標高の異なる3コースで競った。

 ロングの部(24キロ)男子は町田知宏(東京)が2時間10分35秒、同女子は川崎恵子(横浜)が2時間53分31秒で頂点に立った。ハーフの部(11キロ)男子は徳永吉彦(長野)が52分6秒、同女子は鈴木礼子(太田)が1時間58秒で優勝し、ペアの部(3.1キロ)は田中直己、寧和親子(沼田)が15分57秒で制した。

...    
<記事全文を読む>