第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第10日は10日、岩手県北上市の北上総合運動公園陸上競技場で陸上の少年男子5000メートル競歩の決勝を行い、山本龍太郎(富山商高3年)が19分56秒66の大会新記録で2連覇を達成した。高校生での19分台は史上3人目の快挙。高校日本記録は山崎勇喜(自衛隊、富山商高出)の19分35秒79。■東京五輪へ一直線 「行けるぞ東京五輪」「谷井に続け」。10日に岩手県内で開催された第71回国民体育大会の陸上少年男子5000メートル競歩で、山本龍太郎選手(富山商高3年)が2連覇を達成した。県勢の同種目連覇は、リオデジャネイロ五輪日本代表の谷井孝行選手(第...    
<記事全文を読む>