庄内の秋の味覚や立谷沢川流域の自然に親しむ月山龍神マラソンが9日、庄内町の清川、立谷沢地区で初めて開かれた。雨がちらつく天候となったが、参加者は笑顔で力走した。

 親子ペア(1.2キロ)、3キロ、5キロ、10キロ、ハーフの5部門に県内外から754人がエントリー。同町三ケ沢の本間大さん(38)健壮君(8)親子が「美しい自然を感じながら最後まで走り抜く」と宣誓。選手は清川グラウンド前からスタートし、沿道の住民は小旗を手に「頑張れ」「あと少し」などと声援を送った。

 各コースに給水・グルメスポットを設置し、庄内柿や完熟トマト、あずきともち米で作ったいとこ煮など多彩な食を用意。参加者は歴史ある清川...    
<記事全文を読む>