第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第9日は9日、岩手県内各地で競技が行われ、陸上成年男子400メートルでリオデジャネイロ五輪に出場した北川貴理(順大、敦賀高卒)は47秒22で優勝した。

 調子が悪いながらも日本代表の意地をみせた。北川は「スピード感が完全には戻ってなかった」というものの、成年男子400メートルで堂々の優勝。久しぶりに地元福井を背負ったレースに「福井の皆さんからたくさん応援いただいた。恩返しができてうれしい」とかみしめた。

 木村和史(香川・四電工)と並ぶ47秒48で予選2組を1位通過し「きょうは、思ったほど悪くはない状態だったので安心した」。決勝では五輪でとも...    
<記事全文を読む>