○…陸上競技の成年男子1万メートル競歩には、リオデジャネイロ五輪代表の谷井孝行選手(自衛隊体育学校)が出場し、五位に入賞した。

 谷井選手は序盤、四位グループで入賞圏内を維持。50キロ競歩で培った持久力を生かし、最後の二キロでペースを上げ、最後は五位でゴールした。

 20キロ競歩のリオ五輪代表選手が二人もいる中でのレース。「最低限点を取ることができた。最善のレースだった」と、競技後納得の表情を浮かべた。50キロ競歩が専門の谷井選手にとって、“短距離”ともいえる10キロは「スピードが速かった」。

 直近の目標は世界陸上。「積み重ねてきた経験は誰にも負けない。一年一年やっていく中で『あ、もう東京...    
<記事全文を読む>