第8日は8日、北上市の北上総合運動公園陸上競技場などで行われ、レスリング少年男子フリースタイル120キロ級で大崎滉祐(岩手・種市高)が逆転で初優勝を果たした。成年男子フリースタイル65キロ級の前田翔吾(福島・クリナップ)は準決勝をけがで棄権し、3連覇を逃した。

 陸上少年女子Bの100メートル決勝では三浦由奈(宮城・稲井中)が12秒03で2位に入る健闘を見せた。成年男子400メートル障害は岸本鷹幸(青森・富士通)が49秒99で優勝、少年女子円盤挙げの斎藤真希(山形・鶴岡工高)は42メートル43で2位に入った。成年男子100メートルは長田拓也(愛知・法大)が10秒35で優勝した。リオデジャ...    
<記事全文を読む>