岩手国体七日目の七日、陸上少年男子A(高校二、三年)の棒高跳びで、内山朋也選手(17)=長野吉田高三年=が三位に入った。連覇を狙った成年男子走り幅跳びの嶺村鴻汰選手(23)=モンテローザ=は七位にとどまった。

 このほか、陸上の少年女子共通千五百メートルで、和田有菜選手(17)=長野東高二年=が決勝進出を決めた。自転車女子ケイリンの中嶋里美選手(25)=日本競輪選手会=も準決勝を勝ち抜き、決勝に進出した。

 (斉藤和音)◆周りのミスに助けられた 内山選手 陸上少年男子Aの棒高跳びで三位に入った内山朋也選手(17)。全国高校総体の三位に続き、全国の晴れ舞台で表彰台に上がったが「周りのミスに助...    
<記事全文を読む>