駅伝の第59回福島県中学校体育大会は6日、西郷村の台上周辺コースで開かれ、男子は石川が21年ぶり、女子は矢吹が7年ぶりの優勝を飾った。

 地区大会を勝ち抜いた男女各36校が出場。男子は6区間18キロ、女子は5区間12キロでたすきをつないだ。男子の石川は序盤から好位置をキープ、昨年度優勝の若松五に13秒差をつけゴールした。女子の矢吹は4区でトップに立ってそのまま押し切り、2位の須賀川二との差は12秒だった。

 優勝校は12月17、18日に滋賀県で開かれる全国大会に、上位3校は11月4、5日の宮城県での東北大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>