第39回福井マラソン(福井新聞社、福井市、福井陸協主催、特別協賛・富士通)は2日、福井市の福井鉄道福武線・市役所前電停付近のフェニックス通りをスタートし、福井運動公園西側の外周に設けたゲートをフィニッシュとする日本陸連公認の福井新聞マラソンコースで行われた。福井県内外の5910人が、県都の市街地を駆け抜けた。

 ランナーは午前9時のハーフ公認を皮切りに、ハーフ一般、5キロ、10キロの順にスタート。個人34部門、チーム対抗戦2部門で汗を流した。

 スタートに先立ち、開会式が同市春山1丁目の福井地裁近くのフェニックス通りで行われた。大会長の八木誠一郎福井陸協会長が開会を宣言。続いて名誉大会長の...    
<記事全文を読む>