第41回札幌マラソン(札幌市など主催)が2日、札幌市南区の真駒内セキスイハイムスタジアムを発着点に開かれ、秋の青空の下、約1万3千人が快走した。

 競技はメインのハーフマラソンのほか、10キロや3キロ、車いす(5キロ)など。ハーフマラソンの男子は伊勢翔吾さん(駒沢大)が1時間4分39秒で、女子は林和佳奈さん(大阪学院大)が1時間19分08秒で、それぞれ優勝した。

 沿道にはランナーの家族や友人らが大勢詰めかけ、拍手をしながら「頑張って」などと声援を送った。ハーフマラソンに出場した札幌市白石区の主婦飯田はるみさん(60)は「後半の長い上り坂に苦しみましたが、何とか完走できました。秋風が気持ち...    
<記事全文を読む>