男子バスケットボール・Bリーグ2部は第6節第3日の30日、各地で8試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは茨城県筑西市の下館総合体育館で茨城と対戦し、61―76で敗れた。同カードで初めての2連敗を喫し、通算成績は6勝6敗となった。

 山形は高橋祐二、佐藤正成(山形南高出)、佐々木瑛、伊沢実孝、マーカリ・サンダースが先発した。第2ピリオドに相手外国人選手を中心に3点シュートを決められ、前半を27―40で折り返した。後半はゲイリー・ハミルトンらが得点を挙げたが、前半でついた得点差を縮めることができなかった。

 セス・ターバーが13得点、村上駿斗(山形南高出)が11得点。サンダースが12...    
<記事全文を読む>