バスケットボールBリーグ2部の青森ワッツは30日、八戸市東体育館で岩手ビッグブルズと対戦、66―65で接戦を制し、今季初のホーム2連勝を飾った。

 ワッツは、下山大地やアラン・ウィギンスが積極的に攻め、第2クオーター(Q)を27―23で折り返した。

 後半は一時、相手に流れを渡し、最大で7点のリードを許した。だが、果敢にインサイドを攻めてファウルを誘い、フリースローで着実に点を重ね、辛くも逃げ切った。

 次戦は11月4、5日、前橋市のヤマト市民体育館前橋で群馬クレインサンダーズと対戦する。

...    
<記事全文を読む>