バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は29日、各地で行われ、中地区の三遠は川崎に66―84で敗れ、8勝4敗で2位に後退した。川崎は9勝3敗で首位浮上。横浜はSR渋谷を80―65で破り、4勝目(7敗)を挙げた。SR渋谷は6勝5敗。東地区首位の栃木は遠藤らの活躍で秋田に68―61で競り勝ち、9勝2敗とした。秋田は2勝9敗。同2位のA東京も千葉を87―84で下して9勝2敗、千葉は6敗目(5勝)を喫した。西地区はトップの名古屋Dが三河に64―75で敗れ、ともに8勝3敗。大阪は京都を75―59で退けて5勝6敗、京都は3勝8敗となった。

 川崎 9勝3敗 84(24―17 12―10 24―1...    
<記事全文を読む>