バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは29日、松江市の鹿島総合体育館で第11戦を行い、西地区2位の熊本ヴォルターズに70-71で敗れ、連勝は「2」で止まった。通算8勝3敗で、順位は西地区3位のまま。

 島根は前半最大18点差をつけながら、後半は相手の激しい守備を受けてリズムが狂い、逆転負けした。呉屋が左足首の故障で欠場した。第12戦は30日、同体育館で熊本と対戦する。

...    
<記事全文を読む>