バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は29日、各地で第6節が行われた。前節を終えて中地区5位の信州ブレイブウォリアーズは奈良市のならでんアリーナで同4位のバンビシャス奈良と対戦し、63―57で競り勝った。連敗を4で止めた信州の通算成績は3勝8敗。順位は5位。

 信州は第1クオーター(Q)にシャノン、ボイキンが攻守で踏ん張り5点のリードを奪うと、第2Qは中盤に斎藤崇の3点シュートなどでリードを広げて40―27で前半を終えた。第3Qは奈良に3点シュートを決められて7点差とされ、第4Qも終了間際に3点差に詰め寄られたが、カーターの得点で振り切った。

 信州は30日午後6時からならでんアリーナ...    
<記事全文を読む>