◎熱戦ハイライト 石川とライトがけがで欠場した秋田との2戦目、片岡のビッグプレーがチームを救った。

 坂本が5ファウルで退場した上、わずか2得点と苦しかった第3クオーターの5分過ぎ。ようやくつかんだフリースローを、ネパウエが2本とも外してしまう。そのまま秋田ボールになれば一気に流れが傾きそうだったが、片岡がリバウンドを取って、そのままシュートを決めた。

 片岡をマークした谷口は身長201センチ。184センチの片岡がその場で競り合っても勝ち目はないため、エックスアウトと呼ばれる動きを使った。フリースローレーンの左側にいた片岡はシュートの瞬間、右側にいた菊池が内側に移動して空いたスペースに走る...    
<記事全文を読む>