バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは22日、岡山県総社市のきびじアリーナで第10戦を行い、西地区最下位の香川ファイブアローズを89-58で下し、2連勝で通算8勝2敗とした。西地区の他4チームより1試合多く、変わらず暫定首位。

 島根は第1クオーター終盤から堅守速攻でペースをつかみ、第2クオーターで一気にリードを奪って大勝した。

 第11、12戦は29、30日、松江市の鹿島総合体育館で西地区3位の熊本ヴォルターズと対戦する。

 ◇第10戦(22日・きびじアリーナ、801人)島  根89 16-17 58香  川8勝2敗   27-11   1勝9敗       25...    
<記事全文を読む>