男子プロバスケットボールBリーグ1部(B1)の三遠ネオフェニックスは22日、浜松市東区の浜松アリーナでサンロッカーズ渋谷と対戦した。Bリーグ参戦後、浜松で初の公式戦。スタンドに集まった2526人のファンの大声援が浜松の“開幕戦”勝利を後押しした。

 両チームとも開幕から好調を維持し、所属する中地区で首位を争う。意地がぶつかり合い、試合は最終盤までもつれた。初めてプロバスケットの試合を見たという会社員男性(24)は「とても迫力があった。さすがプロの試合」と興奮気味に語った。

 日々バスケットボールに取り組む地元の子供たちにも、大きな刺激を与えたようだ。将来はプロ選手を目指しているという市立飯...    
<記事全文を読む>