バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は22日、川崎市とどろきアリーナで昨季NBL王者の川崎ブレイブサンダース(同地区1位)に90-112で完敗し9連敗となった。通算成績は1勝9敗。順位は最下位のまま。

 富山は序盤から宮永や水戸が得点を決めたものの、ファジーカスを中心とした相手の攻撃を抑え切れず51-54で前半を折り返した。

 第3クオーターでは、ファジーカスと日本国籍取得選手のジュフ磨々道(ままどう)に計21点を許した。最終の第4クオーターでも失点を重ねて突き放された。

 ボブ・ナッシュヘッドコーチは「ファジーカスの得点は予想していたが、ジュフ磨々道の13得点...    
<記事全文を読む>