バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は22日、各地で第5節が行われた。中地区4位の信州ブレイブウォリアーズは東京都大田区総合体育館で同5位のアースフレンズ東京Zと対戦し、74―78で競り負けた。3連敗の信州の通算成績は2勝7敗。順位を5位に下げた。

 信州は第1クオーター(Q)で5点のリードを奪われたものの、第2Qは鈴木や古橋の3点シュートなどで追いつき、32―32で前半を終えた。しかし、第3Qは東京Zに3点シュートを次々と決められて17点差をつけられた。第4Qに30得点を奪って追い上げたが振り切られた。

 信州は23日午後5時から大田区総合体育館で東京Zと対戦する。
<記事全文を読む>