男子バスケットボール・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは22、23の両日、中山町総合体育館で岩手と戦う。前節に初めて同カード2連勝した勢いのまま、ホームでも2勝を挙げ、流れをつかみたいところだ。

 山形は21日、同会場で調整した。前節のアウェー青森戦では競った2試合をともに勝ちきった。小島佑太は「点差が離れた時、均衡した時、それぞれで1本の攻めと守りに集中していた」。棟方公寿ヘッドコーチ(HC)は「10点差をつけられた状況でも、チームで追い付こうという雰囲気があった」と成長を認めつつも、「内容は良くなかった」と要求は高い。

 対戦相手の岩手は今季まだ勝利がなく、苦しい戦いが続い...    
<記事全文を読む>