バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは21日、岡山県総社市のきびじアリーナで第9戦を行い、香川ファイブアローズ(昨季TKbj西地区11位)を93-67で下し、通算7勝2敗とした。西地区の他4チームは試合がなく、順位は3位から暫定首位となった。

 島根は内外からシュートが決まり、カバーの早い守備ともかみ合った後半、じりじりと差を広げた。

 第10戦は22日、同アリーナで香川と対戦する。

 ◇第9戦(21日・きびじアリーナ、783人)島  根 93 18-16 67 香  川7勝2敗    21-16    1勝8敗         33-22         21-1...    
<記事全文を読む>